うぴ子と猫のミニマルライフ

主婦ミニマリストうぴ子と猫3匹の日常。広い家でもミニマルに、そしてシックに暮らす。ネコとエコとガーデニング。

断捨離に効く名言

こんにちは!
ミニマリストのうぴ子です。

年末も近くなり、大掃除や年内最後の断捨離に励んでいる方も多いと思います。

今日は、うぴ子がミニマリストを目指している時に知った、ある名言を紹介したいと思います。

その言葉はうぴ子にとって、断捨離に効く1番の特効薬でした。

今でも、いつもこの言葉を胸に刻見ながら、家の中を見返すようにしています。

それは、19世紀に活躍したイギリスの小説家であり、デザイナーであり、思想家でもあるウィリアム・モリスの言葉。

誰もが、どこかでモリスのデザインを見たことがあるはず。その美しいデザインは現在も、家の壁紙やカーテンとしても人気を集めています。

ウィリアム・モリス - クラシカルで美しいパターンとデザイン-

ウィリアム・モリス - クラシカルで美しいパターンとデザイン-

  • 作者:海野 弘
  • 出版社/メーカー: パイインターナショナル
  • 発売日: 2013/03/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

Have nothing in your house that you do not know to be useful, or believe to be beautiful.

William Morris

訳は、

美しいと思わないものと、役に立たないものは家に置くな。


初めてこの言葉を聞いた時に、ハッとしました。

それまでのうぴ子は、家の中のものが美しいかどうかなど、考えたこともありませんでした。

美しいかどうか、役に立つかどうか?

初めての視点でした。この視点に立って部屋を見た時に、手放すべきもの、捨てるべきものが見えてきました。

例えば、プラスチック製のただものを入れるためだけに作られたケース。全く美しくないどころか、不要なものを溜め込む原因にもなっていました。

美しいか、役に立つか?

部屋の中のもの一つ一つを見ながら、自分自身に問いかけてみる。

その作業を繰り返していけば、部屋は断捨離が進み、美しく整ってくるはずです。そして、自らの感性も磨かれていくと思います。

他にも、モリスはこんな言葉も残しています。美を追求したモリスが、最も重視したのが、美しい家だったのです。

自分にとって美しく、役に立つものだけが置いてある部屋は、世界一、素晴らしい空間であるはずです。


ブログランキングに登録しています。
押していただけると励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(30代女性)へ
にほんブログ村