うぴ子と猫のミニマルライフ

主婦ミニマリストうぴ子と猫3匹の日常。広い家でもミニマルに、そしてシックに暮らす。ネコとエコとガーデニング。

ものが少ない部屋の弊害〜夫から学んだこと〜

こんにちは!うぴ子です。

ミニマリストに憧れる人は、ものが少ない部屋に憧れることが多いと思います。うぴ子もミニマリストを目指していた初期はそうでした。

とにかく家具は少なく!をモットーに断捨離に励んでいましたが、実は家具やものが少ない部屋にはある弊害があったのです…

今日はそんなものが少ない部屋の弊害について書きたいと思います。とにかく家具を減らしたい!と思って焦っている人にも一読していただければ幸いです。


夫の趣味はオーディオ

うぴ子の夫の趣味の1つがオーディオなのです。うぴ子と出会ってからはオーディオにお金をかけられなくなり、本人としては『趣味とは呼べない。』レベルなのだそうですが、出会う前は今の家が買えるくらいの金額をオーディオ機材に投じたそうです。

オーディオって何?って感じだと思うんですけど、うぴ子の拙い説明だと、スピーカー、アンプ、プレーヤー、ケーブルなどを組み合わせて、自分の好みの音を作り上げていく作業のようなものだと思います。

ケーブル1つ変えても音が変わるので、終わりがないというか、とにかく奥が深い趣味なのです。

自分の理想を追い求めていく感じが、絵を描く作業と似ていると思います。

スピーカーだのアンプだのピンからキリまであるのですが、機材よりも、肝心要なのが部屋なのです。


家具の少ない部屋は響く

お部屋の中の音の響きに意識を向けたことはあるでしょうか?

お部屋やお家の作りにもよりますが、ものが少ないと音は響きます。我が家もそうなのですが、壁材が薄い石膏ボードの家は、まず響きます。(作りがよいお家は驚くほど響きません!)

有名な寺院などで、手を叩いて『ビィ〜ンンン』と鳴る、なき龍というのを聞いたことがあると思いますが、同じことが部屋の中で起こります。

これはオーディオを鳴らすには最悪の部屋ということになります。オーディオの世界では音響特性が悪いというのだとか。


響く部屋は鳴らない

この、響く部屋ではどんなに高級な機材を使ってもロクな音はなりません。

良く、DQNさんが車からドンツクシャラシャラみたいな聞くに耐えない騒音を垂れ流していますよね。あそこまで酷くないにしても、ドンシャリな酷い音しか出ません。

逆に音響特性の良い部屋ならラジカセだろうとミニコンポだろうと、心地よい良い音がなります!

夫のオーディオ仲間に、部屋は関係ない、機材だよ。という人がいたのですが、彼は音響特性の整った実家で使っていた機材を『俺が選んだ機材が鳴らないはずがない』と自負して、別のアパートに持っていき、見事に惨敗。その後オーディオを辞めてしまいました。

音響特性の整った部屋を人に例えるなら、【絶世の美女】音響特性の悪い部屋は【ブス】。

絶世の美女はボロキレすらもおしゃれにに着こなしてしまいますが、そのままのブスに一流ブランド品を着せても服が台無しになるだけです。

しかし、例えブスでも髪型、姿勢、メイク、仕草などで、美女に近づくことはいくらでもできます。

それと同じで、音響特性の悪い部屋も改善することはできるのです。


音響特性を良くするにはモノが必要

部屋でなき龍できちゃうような、音響の悪い部屋も、ある程度まで改善することはできます。

それは家具やカーテン、絨毯などのモノを置くこと。特に大型の家具は吸音効果が高く、かなり響きを抑えてくれます。

つまり、これらのモノを断捨離してしまうと、音響が悪くなってしまうのです。

この件で最初は夫と揉めましたが、夫が再生する音を聴いていくうちに、モノと音の響きの関係が良くわかるようになりました。

家具には家具としての役割だけでなく、音響特性を高める効果もあるということが納得できたので、ある程度は家具を置くことに納得しました。

オーディオの音だけではなく、全ての音の特性が良くなるので、人間の話し声の響きも良くなります。響く音は騒音の原因にもなり、頭痛の原因などにもなります。

戸建の場合はまだ良いですが、上下左右があるアパートの場合、周りの住民にも迷惑をかけている可能性もあります。

だから、カーテンすらもないミニマリストさんのガラーンとした部屋を見るたびに、声が響きそうだな、とか音響特性悪そうだな…と夫と出会う前には持たなかった視点を持てるようになりました。

考えの違う人がいるからこそ視野が広がる

もし、ミニマリスト同士で結婚していたら、こんな発想は生まれなかったでしょう。結婚は自分とは違う考え、好みをもつ人間と一緒に生活することで、反発しながらも、お互いを許容することを学ぶ場なんだと思います。

そうすることで、自分1人では得られなかった視点や発想ができて、視野が広がるんですね。

自分がミニマリストでいると、家族がミニマリストじゃないことにイラつくこともあるかと思いますが、自分と考えの違う人がそばにいるのは、視野を広げるためにも良いことなんだな、と考えられるようになると、ストレスなく生活していけると思います。


ブログランキングに登録しています。
押していただけると励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(30代女性)へ
にほんブログ村